「コクリコ坂から」スタンプラリー2012/07/12 16:26

「コクリコ坂から」スタンプラリー
晴れ間が広がった昨日、
久しぶりに映画「コクリコ坂から」の舞台・山手を
歩いてみました。

写真は今年3月22日「港の見える丘公園」に完成した
記念パネルとポール、先には横浜ベイブリッジが
見えています。

まずは「外交官の家」からスタート、喫茶室や
絵本フェスタの案内パネルが入口に下がっていました。
外交官の家からスタート

山手イタリア山庭園内にあります、北側にある庭園
からの「外交官の家」、青空が広がっています。
外交官の家

東側の径、日陰で涼しそうです。
手前には「ブラフ18番館」があります。
東側の径

コクリコ坂からのヨコハマガイドとスタンプラリーの台紙を
ここでもらいました。
コクリコ坂からのヨコハマガイド

次は「港の見える丘公園」へ、

「イギリス館」入口、
イギリス館入口

すぐ先には「大仏次郎記念館」「山手111番館」があります。
すぐ先には

「大仏次郎記念館」入口、
大仏次郎記念館入口

記念館裏手になります、傾斜を利用した水路、
傾斜を利用した水路

左右に花壇が作られています。
左右に花壇が

「山手111番館」、
山手111番館

「県立神奈川近代文学館」への橋、
二つ目のスタンプを押しました。
県立神奈川近代文学館への橋

陽射しが強く文学館前の木陰で休む年配のご夫婦、
ここから見えるベイブリッジもきれいです。
文学館前の木陰で

「大仏次郎記念館」、
大仏次郎記念館

記念館からの「港の見える丘公園」、
コクリコの旗がなびいていました。
港の見える丘公園

少し暑いですが気もちがよい晴天です。

続く、
※横浜市観光情報 「コクリコ坂から」横浜キャンペーン

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kanaminami.asablo.jp/blog/2012/07/12/6508290/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ じゅうのblog - 2012/10/24 23:33

    "From Up On Poppy Hill"
[コクリコ坂から]

嫁さんがレンタルしていたジブリアニメの『コクリコ坂から』を観ました。

-----story-------------
1980年に『なかよし』に連載された同名コミックを、これが『ゲド戦記』に次ぐデビュー2作目となる宮崎吾朗監督で映画化した長編アニメーション。
1963年の横浜を舞台に、学生運動に身を焦がす若者たちの姿と、出生の秘密に揺れる一組の男女の恋の行方をノスタルジックに綴る。

1963年、横浜。
港の見える丘に建つ古い洋館“コクリコ荘”。
ここに暮らす16歳の少女「松崎海」は、大学教授の母に代わってこの下宿屋を切り盛りするしっかり者。
あわただしい朝でも、船乗りの父に教わった信号旗(安全な航行を祈る)をあげることは欠かさない。
そんな「海」が通う高校では、歴史ある文化部部室の建物、通称“カルチェラタン”の取り壊しを巡って学生たちによる反対運動が起こっていた。
ひょんなことから彼らの騒動に巻き込まれた「海」は、反対メンバーの一人、「風間俊」と出会い、2人は次第に惹かれ合っていくのだが…。
-----------------------

私が生まれるよりも前の時代が舞台になっていますが、舗装されていない土の道を走るオート三輪やガリ版で印刷物を作るシーンを観ていると、なんだか懐かしいと感じさせる雰囲気がありましたね。

思春期真っ只中の高校生の淡い恋物語… どこかで観たことのあるような、、、

なんだか、旧い邦画をアニメ化したような、そんな感じがしましたね。
[画像]


個人的に印象に残ったシーンは以下の三つです。

■電停で「海」が「俊」に告白するシーン

■“カルチェラタン”の存続が決まり、学生が大喜びするシーン

■父親の親友から「俊」の出生の秘密を確認するシーン

喜んだり、悲しんだりしながら、楽しめた作品でしたね。


そして、観終わったあと、なんだか心地良い気持ちにさせてくれる作品でした。


あと、作品中、「海」のことをみんなが「メル」と呼ぶ理由がわからなかったのですが、、、

ネットで調べてみると、「海をフランス語に訳すと、ラ・メール(la merとなる)になるが、メールが詰まってメルと呼ばれている。」とのことでした。

納得!



-------------------------------
監督: 宮崎吾朗
製作: 星野康二
プロデューサー: 鈴木敏夫
企画:
原作: 高橋千鶴
    佐山哲郎
脚本: 宮崎駿
    丹羽圭子
キャラクターデザイン: 近藤勝也
作画監督: 山形厚史
      廣田俊輔
      高坂希太郎
      稲村武志
      山下明彦
美術監督: 吉田昇
      大場加門
      高松洋平
      大森崇
撮影監督: 奥井敦
色指定: 森奈緒美
     高柳加奈子
編集: 瀬山武司
音楽: 武部聡志
音響演出: 笠松広司
主題歌: 手嶌葵 『さよならの夏〜コクリコ坂から〜』
制作: スタジオジブリ
整音: 笠松広司
挿入歌: 坂本九 『上を向いて歩こう』
出演:
 長澤まさみ 松崎海
 岡田准一 風間俊
 竹下景子 松崎花
 石田ゆり子 北斗美樹
 風吹ジュン 松崎良子
 内藤剛志 小野寺善雄
 風間俊介 水沼史郎
 大森南朋 風間明雄
 香川照之 徳丸理事長