真田丸の武将たち2016/05/07 10:50

真田丸の武将たち
NHK大河ドラマ「真田丸」、ここ数回よく登場している
石田三成公の座像、彦根の龍潭寺境内にあります。
※NHK大河ドラマ『真田丸』

長浜駅前にある「秀吉と三成 出会いの像」、
秀吉と三成 出会いの像
※江姫ゆかりの近江路を行く vol.4

「三献の茶」の話は有名、
「三献の茶」の話は有名

琵琶湖の北「賤ヶ岳」へのリフト登り口には真田丸でも
出てくる武将の名が書かれた幟が、
琵琶湖の北「賤ヶ岳」へのリフト登り口
※江姫ゆかりの近江路を行く vol.3

写真は2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」
放送に当たり滋賀県が舞台となることで前年の2010年に
滋賀県観光交流局がブロガー50名のモニターを募集し
当選し1泊2日で旅行した時のものです。
※江姫 ~日々の出来事~

この時宿泊したのが長浜の「浜湖月」でした。残念なことに
昨年3月火災で旅館は焼失してしまいました。1年2か月が
過ぎましたがやっと今月26日再開の運びとなるそうです。
※浜湖月公式WEBサイト

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

滋賀県長浜市「浜湖月」2015/03/04 06:11

滋賀県長浜市「浜湖月」
2日午前5時前、滋賀県長浜市の温泉旅館「浜湖月」で
火災が発生したとのニュースをこの日午後知りました。

2010年10月に滋賀県観光交流局の招待で「浜湖月」に
宿泊しました。
※江姫ゆかりの近江路を行く vol.3 賤ヶ岳~湖岸道路夕日~浜湖月泊: ~日々の出来事~

ブログのカテゴリーの下から11番目に『江姫』がありますが
2011年放送のNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』の前年、
放送開始に当たり事前PRで舞台となる滋賀県内琵琶湖
周辺を散策しブログに旅行記を載せる企画募集があり運よく
当選しました。

募集のタイトルは「近江路・歴女ブロガー旅行記」でしたが
男性でもOKでした。
新幹線、レンタカーを使い一泊二日の旅行でしたが
湖東を中心にかなり広く周りブログに写真もたくさん
upしました。安土城が特に強く印象に残っています。
※江姫ゆかりの近江路を行く vol.7 百済寺~安土城跡: ~日々の出来事~

「浜湖月」は長浜城のすぐ前にあって琵琶湖のみえる
広い部屋に案内され宿泊しました。
ニュースではかなり広く焼失したとありました。
歴史のある旅館なので一日も早く再建をされることを
願っています。
※滋賀県 長浜太閤温泉 浜湖月

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

海の公園「チャリティー花火」2011/09/25 11:30

海の公園「チャリティー花火」
昨夕6時半から20分間でしたが海の公園で
「チャリティー花火」が行われました。

これは当日開催された「ビーチフェスタ2011」に
合わせて地元有志、ボランティアの方が企画
されたものです。

今夏、「海の公園花火大会」に限らず各地で
予定されていた花火大会が諸般の事情で中止と
なりましたが、今まで続いてきた花火をここで
止めたくないという思いと東日本復興の願いを
込め開催に至ったようです。

花火大会の打ち上げ場所はいつもの台船上
からではなく波打ち際に用意されていました。
波打ち際に用意されていました

写真中央右、赤白の三角コーンの上に見える
白いカバーが掛けられた所から打ち上げられます。

6時を過ぎ大分暗くなり見物客も集まってきました。
暗くなり見物客も集まってきました

定刻になり花火が上がりました、事前に何か
アナウンスでもあるかと思っていたので少しビックリ。
定刻になり花火が上がりました

短い時間でしたが1500発もの花火が打ち上がりました。
1500発もの花火が打ち上がりました

「どーん」といういつもの大輪の花火はありません
でしたが今年も海の公園で花火大会が継続されました。
震災という甚大な被害で日本がおかしくなりそうな
この半年、小さいながらも立派に花火大会を開催
され関係者の方々にお礼を申し上げます、
ありがとうございました。
※チャリティ花火ショー開催のお知らせ

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

NHK映像マップみちしる2011/09/05 13:54

彦根市・佐和山城
昨年10月は滋賀・近江路を一泊二日の急ぎ足で
周ってきました。

NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の舞台と
なるので原作も読み行ってきました。
大河ドラマ前回放送は石田光成が佐和山城に
蟄居されたところでした。

時間がなくて佐和山城まで上ることはできません
でしたが駐車場でちょっとしたハプニングがあり
ここは印象に残っています。
※江姫ゆかりの近江路を行く vol.5

NHKの「映像マップみちしる」は映像とネット地図を
組み合わせた新たなサイトで歴史や自然、グルメと
いった広範囲な情報が満載で旅行に行く前の参考
などにも活用できます。
※NHK映像マップみちしる

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

そうだ、京都へ行こう2011/08/23 14:02

そうだ、京都へ行こう
横浜は朝方の雨も止み昼間は晴れて暑くなってきました。
気温は30度、湿度70%と少し蒸し暑い感じです。
暦では「処暑」、暑さが峠を越えて後退し始める頃、
夏の陽射しとは違い残暑と言った秋を思わせる暑さです。
※二十四節気:処暑

ブログランキングのサイトに「そうだ、京都へ行こう」
バナーが貼られて少しのぞいてみました。
※京都旅行・新幹線のお得なツアーJR東海ツアーズ

京都はかなり前に行ったことがありますが紅葉の時期は
ないので一度行ってみたいと思っていました。

往復新幹線、ホテルに2泊で丁度良い時期の料金が
一人4万円前後です、
早めに予約をしたほうがよいのでしょうね。

清水寺、八坂神社、醍醐寺、銀閣寺などなど、

有名な寺社が数えきれないほどあるのでどう周ったら
無駄がなく行けるかよく下調べをしてみましょう。

京都はレンタカーの利用はかえって時間が掛かるのか、
公共の交通機関を利用したほうが早くて安いのでしょうか、
この辺もコースによって考えて方がよいのでしよう。

昨年10月は滋賀県観光局が募集した
「江~姫たちの戦国~」でブロガーとして当選し近江路を
駆け足で旅してきました。
印象に残っているのは「安土城」、登っていくと年配の
女性二人がお城の清掃を行っていました。
少しお話をしましたが早いものであれからもうすぐ1年に
なります。

もう一度行ってみたいところです。
(Topの写真はフリーの素材を利用)
※近江路を行く vol.7 百済寺~安土城跡: ~日々の出来事~

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

「近江路旅行ブログコンテスト」優秀ブロガーが決定2011/01/29 07:47

賤ケ岳古戦場
昨年9月21日~10月20日の間、滋賀県が
今年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」
の舞台となることで50名のモニターを募集。
それぞれが近江路の旅をブログにアップしました。

昨日滋賀県観光交流局の担当の方から
メールが届き優秀ブロガーの発表がありました。

ブログの中から『優秀歴女ブロガー(5名)』と、
『ブログの発信力特別賞(3名)』の計8名の方が
選ばれました。
『~日々の出来事~』もサイトの下の一覧に
リンクされていました。
※ブログコンテストBest5

8つの受賞されたブログはいずれも滋賀県内の
名所などを独自の方法で詳しく紹介しています。
歴女ブロガーで有名な「小日向えり」さんや
「美甘子」さんも滋賀県のPRに貢献、
発信力特別賞を受賞されました。

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」も始まり
これからの展開も楽しみです。
※大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」
※お江のふるさと滋賀

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」関連2010/12/30 10:07

安土城跡
今年も何回か旅行をしました。
滋賀県観光交流局「歴女ブロガー」の募集に
応募し一泊二日で近江路を周ったことは強く
印象に残っています。

いよいよ来年1月9日(日)から
上野樹里さん主演で番組がスタートします。
1年間どんな展開になっていくのか
とても楽しみにしています。


江姫関連の番組やイベントが
年明けそうそうから色々開催されます。

まずは1日(土)元旦の夜、
NHKラジオになりますが9時30分から11時まで、
歴女タレントとしても有名な
小日向えり(こひなた・えり)さん、美甘子(みかこ)
さんと近江路を旅してブログを書いている50名の
中から8名の方が出演され先日新春特集
[ラジオ第1]歴女たちの「関ヶ原」の番組収録が
行われました。

※新春特集[ラジオ第1]歴女たちの「関ヶ原」

お正月は似たような番組ばかりでテレビから
離れて耳を傾けるのも良いかも。

1月2日(日)~2月20日(日)は江戸東京博物館で
2011年NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の
特別展が開催されます。
特別展観覧券は大人1300円(前売り1100円)
期間中多くの貴重な資料が展示されますが
展示期間が限られているものもあるので
あらかじめチェックしたほうがいいです。
※特別展 江戸東京博物館
※特別展・作品リスト

滋賀県観光交流局が主催しJTBウォレット
事務局が受託して行われた滋賀のモニター
「歴女ブロガー」募集は旅行をされた50名の
ブログが先日アップされました。
私も「湖北エリア」で下から5番目に載せて
もらっています。
※歴女ブロガー 江のふるさと滋賀

気になるのは
「ブログコンテスト」「新モデルコース発表」の
公開予定の期日がとっくに過ぎているのに
どうなっているのか何も報告がないことです。
※近江路・歴女ブロガー旅紀行

滋賀県内を旅行し交通費、宿泊費用を出して頂き
たくさんの観光地、名所を周ることができたこと
には大変感謝しています。
あとの処理がちょっと残念だなと思っています。

滋賀県推進協議会、スタッフブログで
先日20日(月)に「江~姫たちの戦国~」の
第1話の試写会が大津市で行われ、江姫命名の
由来や県内各地の美しい映像がたくさん出て
感動し涙がでてきてしまったとありました。
※スタッフブログ 江のふるさと滋賀

放送がとても楽しみです。
※大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

江姫ゆかりの近江路を行く vol.+12010/10/28 11:24

江姫ゆかりの近江路を行く vol.+1
ブログ旅行記は8回にわたりUPしました。
滋賀県観光交流局へも遅れてしまいましたが
レポートを提出、交通費の請求も先日済ませ
ほっとしている所です。

写真もデジタルですからたくさん撮りました、
最後の米原駅での新幹線時刻表のNo.は
「641」枚になっていました。

失敗している写真も多くありますがまあ々
見れる写真もあります。

私がお世話になっている
「六浦南コミュニティハウス」は小学校に併設
されていて南小学校とともに今年開設20周年
を迎えます。

※区民利用施設 六浦南コミュニティハウス

コミュニティハウスでは特に改まってイベントを
する訳ではありませんが毎年「文化祭」を開催、
今週末30日(土)、31日(日)に行われます。
今回は若干スペースが空いているという事で
「近江路旅行の写真や小物、パンフ等」を展示
できることになりました。

近江路旅行の写真や小物

部屋に展示イメージとして並べ写真を撮りました。
掲示する写真にはタイトルをつけて内容を判り易く
してみました。

原作も再度借りて読み返してみました。

原作も再度借りて読み返してみました

「六浦南コミュニティハウス」は山の上にあり
駅からは循環バスが出ていますが地域の人の
利用がほとんどです。
この週末は台風14号の進路次第では関東地方
にも影響が心配されています。
それてくれるといいのですが。

※近江路・歴女ブロガー旅紀行

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
※にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

江姫ゆかりの近江路を行く vol.8 安土城跡~彦根城~帰路2010/10/25 10:36

彦根城訪問
安土城跡から彦根城までは約20Kmほど、
最後の訪問地に到着。
※彦根城のご案内 - (社)彦根観光協会

彦根城の東に位置する「二の丸駐車場」に
車を置き「表門橋」を渡ります。

「表門橋」を渡ります
「表門橋」を渡ったところ

左は彦根城管理事務所、

左は彦根城管理事務所

彦根城博物館、ひこにゃんの登場時間が
書いてありました。


彦根城博物館前

管理事務所を左に入ると表門参道の
石段が続きます。

表門参道、上からの写真

左の石垣に造られてあるのが
「天秤櫓」(重要文化財)、橋を中央にして
建てられて天秤のような形をしています。

「天秤櫓」(重要文化財)

「時報鐘」へ続く石積みは緩やかです。

石積みは緩やかです

「太鼓門櫓」(たいこもんやぐら)本丸への
最後の関門である太鼓門櫓は、東側の壁が
無く柱の間に高欄をつけ廊下にしています。

「太鼓門櫓」(たいこもんやぐら)

国宝彦根城天守は北西に附櫓(つけやぐら)が、
さらに長い多聞櫓が連なり、破風は変化に
富んでいます。

国宝「彦根城天主」

彦根城の内部、鉄砲狭間や矢狭間などが
みえます。

彦根城の内部、鉄砲狭間や矢狭間など

梁などが入り組んで組まれています。

梁などが入り組んでいます

天守へ上がる階段、傾斜が62度もあるので
スタッフの方が下に常駐していました。

天守へ上がる階段、傾斜が62度もある

天守から東の方角にある「佐和口多聞櫓」、
お堀の奥は「彦根キャッスルホテル」。

お堀の奥は「彦根キャッスルホテル」

彦根城は慶長9年(1604)より着工され
約20年の歳月をかけて完成しています。
天守閣は大津城より、櫓なども近隣の城の
一部を移築しているそうです。

天守を後に大手門に下りて行きます。

お土産を買う為「夢京橋キャッスルロード」へ
立ち寄ってみました。
※OLD NEW TOWN 夢京橋キャッスルロード

「夢京橋キャッスルロード」

天主から見えた「キャッスルホテル」横の
どら焼き専門店「虎てつ」で
「ひこにゃんドラ焼き」を購入。


「ひこにゃんドラ焼き」

「キャッスルホテル」の彦根みやげ本陣で
会えなかった「ひこにゃん」を手にいれました。
※ひこにゃん公式サイト - 彦根市

「ひこにゃん」を手にいれました

5時を回り帰りの時間が近くなってきました。
トヨタレンタ米原店に戻ることに、彦根からは
7Kmほどあります。
※トヨタレンタリース滋賀

事故もなく無事に「ヴィッツ」を返しました、
燃費も良くガソリン代も安くて助かりました。
たくさん「江姫ゆかりの地」を周る事ができました。
2日間ありがとうございました。<(_ _*)> アリガトォ


米原18時28分発、「こだま678号」に乗ります

米原18時28分発、「こだま678号」に乗り名古屋で
「のぞみ」に乗り換え帰宅の途につきました。

「のぞみ」に乗り換え帰宅の途に

滋賀県観光交流局のお陰で「江姫ゆかりの地」を
自分なりに選定、レンタカーで周るコースを計画し
近江の旅を満喫できました。
ハプニングや地元の人とのふれあいもあって
本当に楽しい旅行でした。(*^-^)ニコ


来年の大河ドラマが楽しみです、
近江に旅する人が増える事を願っています。
このような機会を頂きありがとうございました。

※江 姫たちの戦国

今後も江姫に関係する内容を折をみて載せて
いきたいと思っています。アリガト♪(*'-^)-☆

※近江路・歴女ブロガー旅紀行

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
※にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

江姫ゆかりの近江路を行く vol.7 百済寺~安土城跡2010/10/24 06:35

安土城大手道
百済寺から安土城跡までは22Km、
途中「近江商人屋敷」がありましたが時間が
ないので寄らずに安土城跡を目指しました。

彦根城「ひこにゃん」の登場は午後3時半まで、
安土城跡に上ってから彦根城まで行くには
時間的に無理なようなので諦めました。

2時過ぎに到着、「安土城跡」と刻まれた大きな
石柱と案内がありました。
※安土町観光協会

「安土城跡」の石柱
「安土城跡」案内

駐車場に車を置き平坦な所を歩いて行きます。

駐車場に車を置き少し歩いて行きます

この辺りも石垣がたくさん残っています、
天正4年(1576年)織田信長は丹羽長秀を
総普請奉行に据え、標高199mの安土山に
築城工事を開始します。

江姫が元亀4年(1573年)生まれなので
3歳の時でした。

その3年後、天正7年(1579年)には天守閣
(天主閣)をもつ安土城が一応の完成をみます。
原作でもこの時にお市の方と三姉妹が
竣工祝いに安土城へ出向くくだりがあります。

三姉妹の上の二人は父の仇でもある
伯父、信長を嫌っている様子ですが江姫は
仇であることを知らずに育ってきました。
城のそばまで先に走って来た三姉妹は
城警備の侍たちに足止めをされます。
そこへお市の方が馬に乗って現れます。
侍たちを一蹴し驚いている江姫をお市の方は
馬に引き上げます。


受付を通ると目の前には幾重にも積んだ石段の
安土城大手道が迫ってきます。

安土城大手道が迫ってきます

急な石段なので杖も置いてありました。

少し上がった所から

左に伝羽柴秀吉邸跡、もう一段高い所にも
秀吉邸跡があります。

伝羽柴秀吉邸跡

右には伝徳川家康邸跡、鐘楼もみえます。

伝徳川家康邸跡
鐘楼もみえます

大分上がってきました。

大分上がってきました

よくこれだけの石を積み上げ城を築いたものだと
驚くばかりです。

よくこれだけの石を積み上げたものです

この辺りは左右に石段を曲がりながら上がって
行きます。

左右に石段を曲がり上がって行きます

石仏が所々に見られました。

石仏が所々に見られました

大手道の上まで来ると年配の女性が二人休んで
いたので少しお話を伺いました。
お二人は「安土城跡」の掃除をされているようで、
「ボランティアですか?」とお尋ねすると
そうではなくいくらか報酬はあるようでした。
安土の方ではなく東近江から来られているようです。


年配の女性が二人が休んでいました

「昔はすぐに湖が見えたんですよ」と干拓事業で
埋め立てる前は安土城の辺りは半島のように湖に
つき出ていたそうです。

※水土里ネット-琵琶湖干拓小中之湖土地改良区

確か原作にも安土城や天主閣に上がった三姉妹が
眼下に広がる湖の先の小谷の方角に手を合わせる
シーンがあったと思います。


お仕事で休んでいる所邪魔をしてしまいました。('-'*)

天守、本丸跡に上がります。

天守、本丸跡に上がります
天守、本丸跡に上がります

黒金門跡

黒金門跡

「安土城跡」には檜が多いようです、
こみすぎているので伐採しているのでしょう。

「安土城跡」には檜が多いようです

仏足石(室町時代中期)

仏足石(室町時代中期)

織田信長公本廟、二の丸跡

織田信長公本廟、二の丸跡
織田信長公本廟、二の丸跡

重臣、羽柴秀吉は天正11年(1583年)6月、
信長一周忌に織田一族や家臣を集め盛大に
法要を行いました。

織田信長公本廟

本丸跡

本丸跡

天主台跡へ

天主台跡へ

天主台跡

天主台跡

安土城天主台跡

安土城天主台跡

五層七階の天主がここにそびえていました。

安土城天主台跡案内

ひと時想いに浸りました。

天主台跡から下りてくると先ほどの二人の方が
石段の雑草を取ったり掃除をされていました。
お城を守ってくれているのですね、
ありがとうございます。('-'*)アリガト♪


掃除をされていました
ありがとうございます

元摠見寺(そうけんじ)をまわり帰路へ、

元摠見寺(そうけんじ)をまわり帰路へ

元摠見寺本堂跡

元摠見寺本堂跡

西の湖方面

西の湖方面

三重塔、室町時代の建物

三重塔、室町時代の建物

二王門

二王門

二王門案内

二王門案内

原作では江姫とお市の方はこの「二王門」側から
城へ上がっています。


「二王門」からの「三重塔」への石段

今から431年前、6歳であった江姫がお市の方と
安土城を上って行った光景が見えてくるようです。


安土城を上る光景が見えてくるようです

「安土城跡」を一回りして受付まで戻ってきました。
時計は3時を回っています、「信長の館」などにも
行ってみたかったのですが帰りの時間もあるので
仕方がありません。

これから最後の訪問地「彦根城」までは20Kmほど。
※近江路・歴女ブロガー旅紀行

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
※にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン