天空の城「竹田城跡」の一本松2017/09/02 09:09

天空の城「竹田城跡」の一本松
2013年の暮れに行った兵庫県朝来市和田山町にある
天空の城「竹田城跡」、ここの南千畳と呼ばれる場所に
ある一本松と呼ばれるアカマツが枯れてしまい来年冬季
閉山中に伐採されると言うニュースをみました。
※「天空の一本松」枯死、来年伐採へ (神戸新聞NEXT)

いつ頃からか分かりませんが今は松の周りは柵で囲われ
遊歩道が設置されていますが、私が行った2013年の末は
石垣に沿ってロープが張られていましたが一本松の周りは
自由に足を踏み入れることが出来ました。
石垣に沿ってロープが張られていましたが

雲海に浮かぶ城として映画やドラマでも登場し有名になり
私も訪れこの一本松の周りを歩き山々の景色を堪能しました。
雲海に浮かぶ城として映画やドラマでも登場し

一本松が枯れた原因が城跡南端の見晴らしのよい場所に
あって周囲を歩く観光客も多く幹周辺の土が踏み固められて
しまったため衰弱してしまったそうです。

何とか一本松を救えないか手を尽くされたそうですがかなわな
かったそうです。
※竹田城跡のあるまち 和田山町観光協会
※朝来市、竹田城跡へ-1 ~日々の出来事~
※朝来市、竹田城跡へ-2 ~日々の出来事~
※朝来市、竹田城跡へ-3 ~日々の出来事~
※朝来市、竹田城跡へ-4 ~日々の出来事~
※竹田城跡から出石へ ~日々の出来事~

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをポチッとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

横浜市 金沢動物園2017/04/04 06:56

横浜市 金沢動物園
金沢動物園入口南東側のこども広場にかけての斜面には
菜の花がよく咲いていました。

正面駐車場のコアラバス待合所、かなり並んでいました。
正面駐車場のコアラバス待合所

高速側駐車場、こちらも混んでいました。
高速側駐車場

金沢動物園入口、左側の斜面に菜の花が咲いています。
金沢動物園入口

なかよしトンネルを抜けアフリカ区へ、ヒガシクロサイ、
ヒガシクロサイ

キリンは3頭いました。
キリンは3頭いました

オカピ、シマウマのようですがキリンの仲間だそうです。
オカピ

次はオセアニア区へ、以前はなかった木製の階段は近道に
なっています。コアラは木の上で寝ていて葉の陰でよく
わかりませんでした。
コアラは木の上で寝ていて

オオカンガルーがたくさんいました。このエリアは新しく
できたようです。
オオカンガルーがたくさんいました

ここから上り坂を行くと「しいの木山展望台」に、
標高は約116m、
しいの木山展望台

東京湾から房総半島が一望、シーパラまでは約4.4Km、
東京湾から房総半島が一望

金沢動物園を時計回り進みアメリカ区に、ベアードバク、
ベアードバク

ユーラシア区にはインド象が3頭、動物園一番の人気者、
インド象が3頭

ニホンカモシカです。目がかわいいです。
ニホンカモシカ

この辺りの桜は2分咲きといったところ、
桜は2分咲きといったところ
桜は2分咲きといったところ

ホンシュウジカ、
ホンシュウジカ

家族連れが多く乳児を連れた方も多く見えました。動物と
ふれあうことはいいと思いますがまだ小さいので関心を持つ
のはもう少し先になりそうです。
久しぶりに動物をたくさん見ることが出来ました。
※金沢動物園公式サイト 横浜市緑の協会

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

真田丸の武将たち2016/05/07 10:50

真田丸の武将たち
NHK大河ドラマ「真田丸」、ここ数回よく登場している
石田三成公の座像、彦根の龍潭寺境内にあります。
※NHK大河ドラマ『真田丸』

長浜駅前にある「秀吉と三成 出会いの像」、
秀吉と三成 出会いの像
※江姫ゆかりの近江路を行く vol.4

「三献の茶」の話は有名、
「三献の茶」の話は有名

琵琶湖の北「賤ヶ岳」へのリフト登り口には真田丸でも
出てくる武将の名が書かれた幟が、
琵琶湖の北「賤ヶ岳」へのリフト登り口
※江姫ゆかりの近江路を行く vol.3

写真は2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」
放送に当たり滋賀県が舞台となることで前年の2010年に
滋賀県観光交流局がブロガー50名のモニターを募集し
当選し1泊2日で旅行した時のものです。
※江姫 ~日々の出来事~

この時宿泊したのが長浜の「浜湖月」でした。残念なことに
昨年3月火災で旅館は焼失してしまいました。1年2か月が
過ぎましたがやっと今月26日再開の運びとなるそうです。
※浜湖月公式WEBサイト

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

地震の早い収束を願っています2016/04/17 00:55

地震の早い収束を願っています
昨日の続き、9年前の4月末に大分から熊本へ旅行した時の
写真、阿蘇草千里です。

大分空港に着き別府市内を見学し杉乃井ホテルへ宿泊、
翌朝展望露天風呂から日の出を見ることができました。
杉乃井ホテルへ宿泊
※別府温泉 杉乃井ホテル

九重夢大吊橋も立ち寄りました。
九重夢大吊橋

標高850mのくじゅう花公園、
くじゅう花公園

二日目は南阿蘇村下野の火の山温泉 どんどこ湯へ宿泊、
改めて地図を見たら泊まった所は昨日多くの犠牲者が出た
東海大学の学生寮や阿蘇大橋と目と鼻の宿でした。
※火の山温泉 どんどこ湯

阿蘇山の火口、昨日も小規模な噴火がありました。
阿蘇山の火口

阿蘇から熊本へ行くので多分国道57号に出るため阿蘇大橋を
渡ったと思います。

NHK BS-3でとと姉ちゃん放送中に緊急地震速報が、
とと姉ちゃん放送中に緊急地震速報が

地震が早く収束することをを願っていますが、日付が変わって
から1時間経っていない間に7回も、それも震度4が3回、犠牲に
なられた方々、避難されている方たちを思うと胸が痛みます。
※地震・津波情報|NHK

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

八方尾根ハイク-4 青空の中下山2015/08/07 05:42

八方尾根ハイク-4 青空の中下山
八方池から尾根に戻る木道、
天候が回復し青空の中を下山します。

雪渓がかなり下まで続いています。
雪渓がかなり下まで

第2ケルンの広場もみえて尾根伝いのルートが
よくわかります。
第2ケルンの広場もみえて

八方ケルン、建設は昭和59年7月10日で逗子開成高等学校の
プレートが裏側に埋め込んでありました。
八方ケルン

第2ケルンの広場ではオカリナで「エーデルワイス」を
演奏されている方がいました。
第2ケルンの広場では

園児らと出会った雪渓まで戻ってきました。
結構大きな雪渓でした。
雪渓まで戻ってきました

この先を少し下った場所で休憩と食事をとりました。
ツアーで来られた方たちと暫し雑談、東京、横浜の方で
横浜は旭区と鶴見区の方、同じ宿に泊り4日間フリーで
各自好きな所へ行けるツアーとのこと、疲れがとれると
あめやお菓子を頂きました。ごちそうさまでした。

木道の脇にはユキワリソウが薄紫の花を咲かせています。
木道の脇にはユキワリソウが

12時を回りました、この日は午後から雷の予報もあってか
早めに下山する人もいました。
早めに下山する人も

村営八方池山荘とクワッドリフトがみえています。
クワッドリフトがみえています

第1ケルン、標高1820m、昭和13年建設とありました。
第1ケルン、標高1820m

白馬の街がみえています。
白馬の街がみえています

黒菱平 鎌池湿原、
黒菱平 鎌池湿原

兎平までマイカーで上って来た方が安上がりのようです。
兎平までマイカーで上って来た方が

うさぎ平テラスがみえてきました。
リフトは上る時より下る方が同じ傾斜でも迫力があり特に
駅から出る際は飛行する感覚でスリルを味わえました。
うさぎ平テラスがみえてきました

オープンテラスではソフトクリームをたべました。
1400mもありますがアイスはすぐに融けてしまいました。
オープンテラスではソフトクリームを

白馬の街に戻り汗を流すため「八方の湯」へ、のんびりと
したい所ですが長湯は逆に疲れがでるので早めに出て
休憩しました。
汗を流すため「八方の湯」へ

午後3時帰路に、6時間弱で帰ってきました。
栂池、八方と楽しい山歩きでした。思い返すと2年前の5月、
左足親指に家具を落とし爪が剥がれて以来登山靴を履いて
いなかったので山歩きができるか少し不安でしたが大丈夫
でした。
今回は2人でハイクでしたが仲間を誘ってまた行きたいと
思っています。
Fさんお疲れ様、ありがとうございました。
※八方温泉 白馬八方尾根

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

八方尾根ハイク-3 八方池からの景観2015/08/06 05:40

八方尾根ハイク-3 八方池からの景観
7月30日午前10時18分撮影、
登り始めて1時間ほどで着きました。

ガスが視界を遮っています。
ガスが視界を遮っています

八方池へ行く木道、尾根からの道とルートは2つ、
八方池へ行く木道

うっすらと池がみえています。
うっすらと池がみえています

第3ケルン、標高2080mもみえてきました。
第3ケルン

視界が晴れ北アルプスの山頂は雲で見えませんが
八方池と大きな雪渓がみえてきました。
八方池と大きな雪渓がみえてきました

雄大な景観が眼の前に広がっています。
雄大な景観が眼の前に

第3ケルンまで進むと池の色が変わってみえました。
池の色が変わってみえました

尾根を進むと唐松岳、八方池へ下ります。
八方池へ下ります

濃い緑と岩肌、雪渓の色が夏山らしい景観です。
夏山らしい景観

八方池でみなさん一休み、
八方池でみなさん一休み

元気な園児も少し遅れて着きました。
元気な園児も

尾根の南側はガスが掛かっているようです。
尾根の南側はガスが

その尾根を園児らはまだ登って行きます。
どこまでいくのでしょうか?元気ですね。
園児らはまだ登って行きます

池の北側に祀られていました。
池の北側に祀られていました

尾根で天候の差がはっきりわかります。
天候の差がはっきりわかります

八方池の道標、
八方池の道標

時間は11時少し前、お昼にはまだ早い時間です。
続く、
※トレッキングガイド 白馬八方尾根

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

八方尾根ハイク-2 元気な園児2015/08/05 05:47

八方尾根ハイク-2 元気な園児
ガスが掛かる尾根を登って行きます。
夏休みで中高生も多く登山道は混雑していました。

歩きやすい木道ですが少し濡れているので滑り易く
注意が必要、
歩きやすい木道ですが

登り始めて約30分、雪渓がみえてきました。
雪渓がみえてきました

下界は真夏ですがまだたくさん雪が残っています。
まだたくさん雪が残っています

保育園の子供たちが元気な足取りで登って行きます。
1リットルの水や自分のものを各自背負っていると
付き添いの方が話していました。
元気な足取りで登って行きます

トイレがある広場まで登ってきました。
トイレがある広場まで登ってきました

園児らのリック、17名と言っていました。
園児らのリック

第2ケルン、標高2005m、
第2ケルン、標高2005m

八方ケルン、標高2035mがみえ青空も出てきました。
八方ケルン、標高2035mがみえ

一瞬視界が晴れ登山者がカメラを向けています。
一瞬視界が晴れ

白馬鑓ヶ岳方向の沢の雲が切れてきました。
白馬鑓ヶ岳方向の沢の雲が

約50分で八方ケルンに到着、
八方ケルンに到着

今登ってきた尾根もよくみえています。
今登ってきた尾根もよくみえています

八方ケルン、ここでは88歳の元気な男性がカメラを2台
下げ登って来ていました。私たちもカメラを預け記念に
写真を撮ってもらいました。
八方ケルン

池を目指してもうひと頑張り、
池を目指してもうひと頑張り

タカネマツムシソウという花だそうです。
タカネマツムシソウ

ハクサンシャジン、淡い紫色、
ハクサンシャジン

道標、八方池まで400M、
道標、八方池まで400M

白馬連峰展望図、
白馬連峰展望図

ガスが掛かってきてしまいました。
続く、
※白馬八方尾根 八方尾根索道事業者協議会

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

八方尾根ハイク-12015/08/04 05:46

八方尾根ハイク-1
泊まった白馬ホテルはきれいなホテルでした。
この日は午前2時起きだったので風呂に入り食事を
済ますと午後7時半には寝てしまいました。
※白馬ホテル

2日目はいつもと同じ5時に起きホテルの写真を
タブレットからブログに苦戦しながら初upし6時半に朝食、
その後出発、上の写真はお昼のおにぎりをコンビニで買い
そこから見えた八方ゴンドラリフトです。

ゴンドラリフト八方駅の駐車場、6割方埋っていました。
ゴンドラリフト八方駅の駐車場

6人乗りのゴンドラリフト、8分間乗ります。
6人乗りのゴンドラリフト

兎平駅、標高1400m、
兎平駅、標高1400m

駅舎全体、
駅舎全体

アルペンクワッドリフト、
アルペンクワッドリフト

4人乗り、7分間乗車、天候が怪しくなってきました。
4人乗り、7分間乗車

黒菱平駅到着、
黒菱平駅到着

駅舎内で持ってきた雨具を着ました。
駅舎内で持ってきた雨具を着ました

少し歩いてグラートクワッドリフトに乗ります。
少し歩いてグラートクワッドリフト

4人乗り、5分間乗車、
4人乗り、5分間乗車

途中1998年に開催された長野五輪男子滑降スタート地点
の標識、標高1765m、
長野五輪男子滑降スタート地点

第1ケルンに到着、
第1ケルンに到着

ガスが出て視界がほとんどききません。o(;△;)o エーン
視界がほとんどききません

9時過ぎに登り始めましたが、すごい混んでいます。
すごい混んでいます

10分もしないうちにガスが晴れ視界が広がってきました。
(*^-^)ニコ
ガスが晴れ視界が広がってきました

この辺りはジグザグに登って行きます。
ジグザグに登って行きます

手前の女性と少し先のハンチングの男性は栂池で一緒
だった方で、声を掛けるとお二人もびっくりしていました。
栂池で一緒だった方

第2ケルンまだはまだまだ、続く、
※白馬八方尾根観光協会

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

栂池自然園ハイク-32015/08/02 10:50

栂池自然園ハイク-3
展望湿原から10分ほど来たヤセ尾根、
紫の花はイワギキョウでしょうか、

展望湿原とヤセ尾根の間にある自然園最高地点2020m
から見た風景、手前は浮島湿原、
自然園最高地点2020mから見た風景

ヤセ尾根では谷の下から気持ちの良い涼風があがってきて
いました。
下から気持ちの良い涼風が

ここは下るコースにとった方がいいようです。
下るコースにとった方がいいようです

浮島湿原、
浮島湿原

ニッコウキスゲやワタスゲがきれいでした。
ニッコウキスゲやワタスゲがきれいでした

upで撮影、
upで撮影

浮島湿原の風景、
浮島湿原の風景

ミズバショウがまだ残っていました。
ミズバショウがまだ残っていました

浮島湿原の休憩場、長野から来た女性2人から持って
きていたキュウリをいただき味噌を付けて食べました。
美味しかった。
浮島湿原の休憩場

来た道とは反対のコースを戻ります。
来た道とは反対のコースを戻ります

尾瀬の風景にも少し似ています。
尾瀬の風景にも少し似ています

ワタスゲ湿原を通り少し行くと天然の冷蔵庫「風穴」が
あります。
天然の冷蔵庫「風穴」

真夏でも岩の間に残った雪で風穴の気温は2度でした。
側に立つと足元から冷気が上がってくるのがわかります。
風穴の気温は2度でした

自然園を4時間ほど散策し戻ってきました。
自然園を4時間ほど散策

自然園駅は標高1829m、ロープウェイで下ります。
自然園駅は標高1829m

午後になっても登って行く人がみえます。
午後になっても登って行く人が

後姿の二人はキュウリをいただいた女性、よく山歩きを
しているそうで、その日に思い立って行くこともあると
話していました。
よく山歩きをしているそうで

20分掛かるゴンドラリフト、標高差743m、
20分掛かるゴンドラリフト

良く歩きいい汗をかいたのでホテルに向かいます。
続く、
※長野県小谷村観光公式サイト

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

栂池自然園ハイク-22015/08/01 05:48

栂池自然園ハイク-2
写真は栂池自然園の展望湿原からの白馬大雪渓、

自然園の大部分は木道が整備されているので歩き易い。
木道が整備されているので

ワタスゲ湿原、ここにもコバイケイソウが、
ワタスゲ湿原

楠川、橋を渡るとトイレがありこの先にはありません。
楠川

自然園入口から約1.1Km来ました。
自然園入口から約1.1Km来ました

浮島湿原、晴れてきました。
浮島湿原

ニッコウキスゲがよく咲いています。
ニッコウキスゲがよく咲いています

銀命水、水場となっています。
銀命水

山道を登って高台の眺めの良い場所から自然園全体を
見渡せます。遠くに入口の建物がみえています。
自然園全体を見渡せます

モウセン池の道標、静かな池でした。
モウセン池の道標

写真に写っている後姿のお二人と休憩した際に話をしました。
ツアーで三重から来ていてこの日は一日掛けて自然園を周る
とのことでした。
翌日の八方でも偶然登っている途中でお会いしました。
後姿のお二人と休憩した際に話をしました

展望湿原に到着、自然園に入り1時間半ほど過ぎています。
展望湿原に到着

大勢の人が休憩しながら展望が開けるのを待っています。
大勢の人が休憩しながら

白馬大雪渓までは約4.5Km、ガスで全く見えません。
ガスで全く見えません

少し早いお昼をとることに、山の天気は変わりやすいと
言いますが大雪渓より右側の視界が開けてきました。
右側の視界が開けてきました

大雪渓も少しガスが切れみえてきました。
大雪渓も少しガスが切れ

白馬岳山頂でしょうか見えてきました。人影もみえました。
白馬岳山頂でしょうか

待っていた甲斐がありました、少しの時間でもみえたので
よかったです。ヤセ尾根へ向かいます。
続く、
※栂池自然園散策見所ガイド

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン