八方尾根ハイク-2 元気な園児2015/08/05 05:47

八方尾根ハイク-2 元気な園児
ガスが掛かる尾根を登って行きます。
夏休みで中高生も多く登山道は混雑していました。

歩きやすい木道ですが少し濡れているので滑り易く
注意が必要、
歩きやすい木道ですが

登り始めて約30分、雪渓がみえてきました。
雪渓がみえてきました

下界は真夏ですがまだたくさん雪が残っています。
まだたくさん雪が残っています

保育園の子供たちが元気な足取りで登って行きます。
1リットルの水や自分のものを各自背負っていると
付き添いの方が話していました。
元気な足取りで登って行きます

トイレがある広場まで登ってきました。
トイレがある広場まで登ってきました

園児らのリック、17名と言っていました。
園児らのリック

第2ケルン、標高2005m、
第2ケルン、標高2005m

八方ケルン、標高2035mがみえ青空も出てきました。
八方ケルン、標高2035mがみえ

一瞬視界が晴れ登山者がカメラを向けています。
一瞬視界が晴れ

白馬鑓ヶ岳方向の沢の雲が切れてきました。
白馬鑓ヶ岳方向の沢の雲が

約50分で八方ケルンに到着、
八方ケルンに到着

今登ってきた尾根もよくみえています。
今登ってきた尾根もよくみえています

八方ケルン、ここでは88歳の元気な男性がカメラを2台
下げ登って来ていました。私たちもカメラを預け記念に
写真を撮ってもらいました。
八方ケルン

池を目指してもうひと頑張り、
池を目指してもうひと頑張り

タカネマツムシソウという花だそうです。
タカネマツムシソウ

ハクサンシャジン、淡い紫色、
ハクサンシャジン

道標、八方池まで400M、
道標、八方池まで400M

白馬連峰展望図、
白馬連峰展望図

ガスが掛かってきてしまいました。
続く、
※白馬八方尾根 八方尾根索道事業者協議会

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

八方尾根ハイク-12015/08/04 05:46

八方尾根ハイク-1
泊まった白馬ホテルはきれいなホテルでした。
この日は午前2時起きだったので風呂に入り食事を
済ますと午後7時半には寝てしまいました。
※白馬ホテル

2日目はいつもと同じ5時に起きホテルの写真を
タブレットからブログに苦戦しながら初upし6時半に朝食、
その後出発、上の写真はお昼のおにぎりをコンビニで買い
そこから見えた八方ゴンドラリフトです。

ゴンドラリフト八方駅の駐車場、6割方埋っていました。
ゴンドラリフト八方駅の駐車場

6人乗りのゴンドラリフト、8分間乗ります。
6人乗りのゴンドラリフト

兎平駅、標高1400m、
兎平駅、標高1400m

駅舎全体、
駅舎全体

アルペンクワッドリフト、
アルペンクワッドリフト

4人乗り、7分間乗車、天候が怪しくなってきました。
4人乗り、7分間乗車

黒菱平駅到着、
黒菱平駅到着

駅舎内で持ってきた雨具を着ました。
駅舎内で持ってきた雨具を着ました

少し歩いてグラートクワッドリフトに乗ります。
少し歩いてグラートクワッドリフト

4人乗り、5分間乗車、
4人乗り、5分間乗車

途中1998年に開催された長野五輪男子滑降スタート地点
の標識、標高1765m、
長野五輪男子滑降スタート地点

第1ケルンに到着、
第1ケルンに到着

ガスが出て視界がほとんどききません。o(;△;)o エーン
視界がほとんどききません

9時過ぎに登り始めましたが、すごい混んでいます。
すごい混んでいます

10分もしないうちにガスが晴れ視界が広がってきました。
(*^-^)ニコ
ガスが晴れ視界が広がってきました

この辺りはジグザグに登って行きます。
ジグザグに登って行きます

手前の女性と少し先のハンチングの男性は栂池で一緒
だった方で、声を掛けるとお二人もびっくりしていました。
栂池で一緒だった方

第2ケルンまだはまだまだ、続く、
※白馬八方尾根観光協会

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

栂池自然園ハイク-32015/08/02 10:50

栂池自然園ハイク-3
展望湿原から10分ほど来たヤセ尾根、
紫の花はイワギキョウでしょうか、

展望湿原とヤセ尾根の間にある自然園最高地点2020m
から見た風景、手前は浮島湿原、
自然園最高地点2020mから見た風景

ヤセ尾根では谷の下から気持ちの良い涼風があがってきて
いました。
下から気持ちの良い涼風が

ここは下るコースにとった方がいいようです。
下るコースにとった方がいいようです

浮島湿原、
浮島湿原

ニッコウキスゲやワタスゲがきれいでした。
ニッコウキスゲやワタスゲがきれいでした

upで撮影、
upで撮影

浮島湿原の風景、
浮島湿原の風景

ミズバショウがまだ残っていました。
ミズバショウがまだ残っていました

浮島湿原の休憩場、長野から来た女性2人から持って
きていたキュウリをいただき味噌を付けて食べました。
美味しかった。
浮島湿原の休憩場

来た道とは反対のコースを戻ります。
来た道とは反対のコースを戻ります

尾瀬の風景にも少し似ています。
尾瀬の風景にも少し似ています

ワタスゲ湿原を通り少し行くと天然の冷蔵庫「風穴」が
あります。
天然の冷蔵庫「風穴」

真夏でも岩の間に残った雪で風穴の気温は2度でした。
側に立つと足元から冷気が上がってくるのがわかります。
風穴の気温は2度でした

自然園を4時間ほど散策し戻ってきました。
自然園を4時間ほど散策

自然園駅は標高1829m、ロープウェイで下ります。
自然園駅は標高1829m

午後になっても登って行く人がみえます。
午後になっても登って行く人が

後姿の二人はキュウリをいただいた女性、よく山歩きを
しているそうで、その日に思い立って行くこともあると
話していました。
よく山歩きをしているそうで

20分掛かるゴンドラリフト、標高差743m、
20分掛かるゴンドラリフト

良く歩きいい汗をかいたのでホテルに向かいます。
続く、
※長野県小谷村観光公式サイト

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

栂池自然園ハイク-22015/08/01 05:48

栂池自然園ハイク-2
写真は栂池自然園の展望湿原からの白馬大雪渓、

自然園の大部分は木道が整備されているので歩き易い。
木道が整備されているので

ワタスゲ湿原、ここにもコバイケイソウが、
ワタスゲ湿原

楠川、橋を渡るとトイレがありこの先にはありません。
楠川

自然園入口から約1.1Km来ました。
自然園入口から約1.1Km来ました

浮島湿原、晴れてきました。
浮島湿原

ニッコウキスゲがよく咲いています。
ニッコウキスゲがよく咲いています

銀命水、水場となっています。
銀命水

山道を登って高台の眺めの良い場所から自然園全体を
見渡せます。遠くに入口の建物がみえています。
自然園全体を見渡せます

モウセン池の道標、静かな池でした。
モウセン池の道標

写真に写っている後姿のお二人と休憩した際に話をしました。
ツアーで三重から来ていてこの日は一日掛けて自然園を周る
とのことでした。
翌日の八方でも偶然登っている途中でお会いしました。
後姿のお二人と休憩した際に話をしました

展望湿原に到着、自然園に入り1時間半ほど過ぎています。
展望湿原に到着

大勢の人が休憩しながら展望が開けるのを待っています。
大勢の人が休憩しながら

白馬大雪渓までは約4.5Km、ガスで全く見えません。
ガスで全く見えません

少し早いお昼をとることに、山の天気は変わりやすいと
言いますが大雪渓より右側の視界が開けてきました。
右側の視界が開けてきました

大雪渓も少しガスが切れみえてきました。
大雪渓も少しガスが切れ

白馬岳山頂でしょうか見えてきました。人影もみえました。
白馬岳山頂でしょうか

待っていた甲斐がありました、少しの時間でもみえたので
よかったです。ヤセ尾根へ向かいます。
続く、
※栂池自然園散策見所ガイド

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

栂池自然園ハイク-12015/07/31 17:40

栂池自然園ハイク-1
7/29、30で長野県栂池自然園、八方尾根を歩いてきました。
写真は栂池ゴンドラリフト、

初日は午前3時前に出発、茅ケ崎から圏央道、中央道、
長野道を経由し白馬栂池の駐車場には7時半頃到着、
約300Km平日なので空いていました。
駐車場には7時半頃到着

支度をして栂池自然園へ向かいます。
支度をして栂池自然園へ

栂池ゴンドラリフトは中間の「白樺駅」を過ぎると山は
ガスがかかってきました。
「白樺駅」を過ぎると

栂の森駅に到着、20分ほど乗ってきました。
山には低い雲が垂れ込めています。
栂の森駅に到着

ゴンドラリフトからロープウェイは少し離れています。
リフトからロープウェイは少し離れています

栂池ロープウェイ、71人乗り、
栂池ロープウェイ

栂大門駅は標高1560m、
栂大門駅は標高1560m

ロープウェイは5分ほどで自然園駅に到着、
10分ほど歩き自然園に向かいます。
10分ほど歩き自然園に向かいます

栂池ヒュッテがみえてきました。
栂池ヒュッテがみえてきました

栂池自然園入口、
栂池自然園入口

登山情報には「クマ出没」の情報が、オオーw(*゚o゚*)w
「クマ出没」の情報が、オオーw(*゚o゚*)w

栂池自然園案内図、
栂池自然園案内図

入口はミズバショウ湿原、標高1860m、
緑が濃くミズバショウの時期は過ぎています。
入口はミズバショウ湿原、標高1860m

コバイケイソウがたくさんみえます。
コバイケイソウがたくさんみえます

ガスが晴れて大きな雪渓がみえています。
大きな雪渓がみえています

続く、
※八方尾根・白馬岩岳・栂池高原 白馬観光開発株式会社

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

白馬ホテルから2015/07/30 05:33

白馬ホテルから
おはようございます。
長野県白馬ホテルからブログを書いています。
上の写真はホテル前、

駐車場には観光バスもみえています。
観光バスもみえています

遠くに見える山には少し雲があります。
遠くに見える山には

ホテル前の花、
ホテル前の花

ロビー、
ロビー

お土産品売り場、時間が早いので開いてません。
お土産品売り場

6時半から朝食で出発します。
晴れるといいのですが、
※白馬ホテル

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

宮城・瑞巌寺、日和山公園2014/10/24 11:13

宮城・瑞巌寺、日和山公園
民謡に出てくる「瑞巌寺」参道を300mほど歩いてきました。

残念なことに本堂は改修中でした。
本堂は改修中でした

特別公開の庫裡(国宝)、
特別公開の庫裡
※伊達政宗の菩提寺 国宝 瑞巌寺

中に入ると高村光雲作の「光雲観音」、
高村光雲作の「光雲観音」

大修理期間中本来は本堂に安置している
御本尊 聖観世音菩薩、、藩祖政宗公・2代忠宗公の大位牌、
三代開山木像が特別に公開されていました。
特別に公開

参道から離れた路を戻ります。
参道から離れた路を戻ります

瑞巌寺洞窟遺跡群、
瑞巌寺洞窟遺跡群

時間は11時前、
これから約30Km離れた石巻・日和山公園へ向かいます。

12時少し前に到着、日和山公園の案内、
日和山公園の案内

奥の細道・日和山の石柱、元禄二年(1689年)松尾芭蕉も
訪れここからの眺望を詠んでいます。
奥の細道・日和山の石柱

史蹟 石巻城跡の碑、
史跡 石巻城跡の碑

標高60.4mの日和山、
標高60.4mの日和山

鹿島御児神社(日和山神社)、
鹿島御児神社

鳥居の下には急な石段が続いていました。
鳥居の下には急な石段が続いていました

七五三で参拝する家族連れの姿もみえていました。
七五三で参拝する家族連れの姿も

震災前の街の写真が、この日は震災から3年7か月、
震災前の写真が

現在の風景、日和大橋から手前の街並みが消えています。
現在の風景

少し南側、秋晴れの気持ちの良い天気ですが、
少し南側

公園内にあったお店、
公園内にあったお店

西側の道を少し下ってきました。
西側の道を少し下ってきました

工房「かざみどり」、軽い食事ができました。
工房「かざみどり」

午後1時、帰りの時間も気になるので仙台に向かいます。
長男の車を停めた「大観荘」に戻りここで別れました。
あとどのくらいの仕事になるか分かりませんが冬は仙台で
過すのは確実なので風邪などひかないように気を付けて。

三陸道に乗り仙台港北で下りあと約10Km、3時過ぎに
仙台駅に着き母たちを降ろしレンタカーを返しました。

仙台駅東口開発工事現場、長男の会社の重機がみえます。
仙台駅東口開発工事現場

16時24分発東京行までは時間があるのでお土産を買ったり
して時間を潰しました。

「やまびこ」なので約2時間で東京駅へ到着、京浜東北で
横浜まできて京急に乗り換え午後8時前に無事我が家に
戻ってきました。
二泊三日天気にも恵まれとても楽しい旅行でした。
※日和山公園 - 石巻市

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

宮城・日本三景「松島」見物2014/10/22 11:39

宮城・松島見物
10月9~11日二泊三日の旅行も最終日、
日本三景の松島に来ました。

宿泊した「大観荘」海側の部屋から見た日の出、
時間は5時47分、
「大観荘」海側の部屋から見た日の出

宿にも朝日が射し輝いています、
同じように写真を撮る方がみえます。
宿にも朝日が射し輝いています

男性陣は少し安い山側の部屋、
下には東北本線の線路がみえます。
少し安い山側の部屋

朝食を済ませ松島遊覧へ、
手前観光船乗り場と瑞巌寺入口、
観光船乗り場と瑞巌寺入口

すぐ近くの駐車場へ車を停めました。週末で天気も
良いので混雑が予想され一番の遊覧船に乗ります。
近くの駐車場へ車を停めました

日本三景「松島」、立派な松が植えらえています。
日本三景「松島」、立派な松が

桟橋、一番奥の遊覧船「第三仁王丸」に乗ります。
桟橋

波もなく穏やかです。
波もなく穏やか

遊覧船のプレート、
遊覧船のプレート

船内の席はほぼ埋まっています。
船内の席はほぼ埋まっています

9時出港、白い建物は「松島センチェリーホテル」、
松島センチェリーホテル

「五大堂」「松島城天守」もみえています。
「五大堂」「松島城天守」もみえています

同時刻に出港した遊覧船、
同時刻に出港した遊覧船

「ウミネコ」が近くに飛んできますが今はエサをあげては
いけないそうです。
「ウミネコ」が近くに飛んできますが

昨夜宿泊した「大観荘」がみえます。
昨夜宿泊した「大観荘」

湾内では釣り船も、手を振ってくれています。
湾内では釣り船も

松島湾の特徴的な島の一つでその形が仁王様に似て
いることから「仁王島」と名付けられました。
「仁王島」

震災での落石でしょうか、大きな岩がいくつもみえます。
大きな岩がいくつもみえます

50分の船旅を終えて下船、 桟橋は次の乗船を待つ人の列、
桟橋は次の乗船を待つ人の列

観光協会で車いすを借りました。
観光協会で車いすを借りました

「瑞巌寺」に向かいます。
「瑞巌寺」に向かいます

杉林の参道、
杉林の参道

「瑞巌寺」は天長5年(828年)慈覚大師の創建と伝えられ
奥州随一の禅寺で伊達政宗の菩堤寺、
続く、
※松島観光・島巡りなら松島島巡り観光船

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

山形・蔵王から宮城・松島へ2014/10/18 00:07

山形・蔵王から宮城・松島へ
蔵王ロープウェイ「山頂駅」から下りてきました。
霧も大分晴れ辺りの紅葉がみえます。

「樹氷高原駅舎」、
樹氷高原駅舎

麓まで下ります、蔵王の街がみえています。
蔵王の街がみえています
※蔵王ロープウェイからの紅葉 - YouTube

ロープウェイを降り蔵王のお釜へ向かいます。
蔵王エコーラインからハイラインまでは晴れて標高が
上がるにつれ紅葉がとてもきれいでした。

蔵王の御釜までのハイラインに入ると風が強くなり
辺り一面ガスで視界不良に、レストハウス駐車場、
レストハウス駐車場

レストハウスから100mほどの場所、
晴れていれば蔵王のお釜がみえるのですが、
レストハウスから100mほどの場所

視界が悪く残念でした。
前夜「蔵王もいくらか火山活動がある」とのニュースを
聞いていたので御嶽山のことが頭をよぎりました。
視界が悪く残念でした

ここからは早々に離れました、
4Kmほど宮城県内へ下った場所、広場があり休憩。
4Kmほど宮城県内へ下った場所

蔵王の山肌が茶色に変色しています。
山肌が茶色に変色しています

この辺りが「御釜」と思われます。
「御釜」と思われます

暫く走り前の車が脇道へ入るので一緒についていくと
滝の見える場所でした。
滝の見える場所でした

山々が色づいています。
山々が色づいています

エコーラインを下り村田ICから東北道に入り
仙台南部・東部道路を乗り継ぎ約60Km走り名取ICで
高速を下り閖上大橋を渡り海岸まで来ました。
閖上大橋を渡り海岸まで来ました

堤防から北側、塩竈の方向、
堤防から北側、塩竈の方向

南側、飛行機がみえますが仙台空港方面、
南側、飛行機がみえますが仙台空港方面

この辺りは津波の被害が甚大で車窓から見えるものは
被害の後ばかりでした。

25Kmほど走り2日目の宿、松島「大観荘」に到着、
海側の部屋からは夕日に照らされた松島が一望、
夕日に照らされた松島が一望

高台にある宿で眺めは最高です。
高台にある宿で眺めは最高
※松島のリゾートホテル大観荘

長い期間出張で仙台に来ている長男は食事の時間に
合わせ宿に合流しました。
続く、
※>宮城県・蔵王町観光協会

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

山形・蔵王ロープウェイ2014/10/15 00:05

山形・蔵王ロープウェイ
宿泊した「蔵王四季のホテル」、
静かな環境の中にある建物です。
※蔵王四季のホテル

ホテル入口、すぐ横にレンタカーを駐車させて
もらいました。
ホテル入口

ホテル内にもお風呂はありますが少し離れた所には
大きな源泉の「離れ湯」があります。
もっと寒くなったら戻るまで湯冷めしそうです。
大きな源泉の「離れ湯」

ホテル内フロアー、建物は扇状で6階に宿泊しました。
ホテル内フロアー

2日目の朝は晴れていましたが出発する頃には山に
雲が出てきました。
雲が出てきました

ホテルからは車で3分ほどの蔵王ロープウェイ、
山麓駅の花壇にはきれいな花が咲いていました。
山麓駅の花壇

山麓駅の看板、標高855mあります。
山麓駅の看板

ロープウェイ山麓線に乗ります。
ロープウェイ山麓線に乗ります

樹氷高原駅までは約7分、
樹氷高原駅までは約7分

一緒に乗っていた山登りの人がゴンドラはスイス製と
言っていました。つり革など日本のものとは違いました。
ゴンドラはスイス製

すれ違ったゴンドラ、いくらかガスがでてきました。
すれ違ったゴンドラ

遠いところは全く見えなくなりました。
全く見えなくなりました

樹氷高原駅に到着、
樹氷高原駅に到着

ロープウェイ山頂線のりば、もう一つ上に登ります。
ロープウェイ山頂線のりば

少しずつ移動するゴンドラに乗り込みます。
ゴンドラに乗り込みます

地蔵山頂駅に到着、標高1661mなので標高差は806m、
地蔵山頂駅に到着

寒暖計の気温は9℃、寒いくらいです。
寒暖計の気温は9℃

「開運の鐘」、霧が立ち込めて視界は10mほど、
「開運の鐘」

蔵王地蔵尊の案内、
蔵王地蔵尊の案内

地蔵山頂駅より100mの距離にある「蔵王地蔵尊」、
周りに霧がかかっているのが残念でした。
「蔵王地蔵尊」

霧は晴れそうもないので下りることにします。
続く、
※蔵王ロープウェイ

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン