観音崎公園砲台ガイドツアーvol.22018/05/14 10:52

観音崎公園砲台ガイドツアーvol.2
写真は東京湾海上交通センター、
第一砲台へから第二砲台(北門第二砲台)へ向かいます。

海上交通センター建設にあたり移動された砲台の御影石、
石の厚みが分かります。
海上交通センター建設にあたり

第二砲台(北門第二砲台)、ジャングルのようです。
第二砲台(北門第二砲台)

第二砲台説明版、明治13年着工、明治17年完成、
第二砲台説明版

砲台にあがってみました。
砲台にあがってみました

第二砲台弾薬庫、今回特別に入ることができました。
第二砲台弾薬庫

懐中電灯を持って弾薬庫に入ると、着工から138年が経つ煉瓦
積みの庫内はとてもきれいでした。入る前にゲジゲジがいると
聞いていたので躊躇しましたがせっかく来たので入ってみると、
懐中電灯の灯りではよく分かりませんでしたが写真にしっかり
写っていました。(・・;)
懐中電灯を持って弾薬庫に入ると

トンネルがみえています。パークセンターから第四砲台があった
海上自衛隊施設近くの道路へ通じていますが関係者のみ通行
できます。
トンネルがみえています

関係者以外通行禁止の看板、
関係者以外通行禁止の看板

3分間トンネル内の照明が点灯します。
3分間トンネル内の照明が点灯

トンネルは約170mほど、
トンネルは約170mほど

トンネルの前から特別に第二砲台観測所に向かい5分ほど歩き
にくい道?を上りました。観測所地下の付属室、
観測所地下の付属室

いまにも崩れ落ちそうな石積、
いまにも崩れ落ちそうな石積

石段の鉄製の手すりも貴重な遺構です。
石段の鉄製の手すりも貴重な遺構

司令所(観測室)、
中央の円柱と3本の角柱は測遠機台だそうです。
司令所(観測室)

観測所地下の付属室とのやり取りに使われていた管、
付属室とのやり取りに使われていた管

観音崎灯台の西約140m、高台にある海上自衛隊観音崎
警備所へ上がる道、東京湾に入港する外国艦船の公式訪問の
際に礼砲を行う施設があります。
海上自衛隊観音崎警備所へ上がる道

続く、
※県立 観音崎公園

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをポチッとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン