大桟橋周辺を歩いてみました2012/04/02 14:33

象の鼻パーク
昨日横浜初寄港「シー・プリンセス」の見学後
大桟橋周辺を歩いてみました。

上の写真は象の鼻テラスの左右に横浜三塔の
キングとクイーンがみえます。

大桟橋ウッドデッキにも横浜三塔が描かれています。
神奈川県庁(通称:キング)、横浜税関(通称:クイーン)、
横浜市開港記念会館(通称:ジャック)、開港以来横浜の
シンボルとなっている3つの歴史的建造物、横浜三塔と
呼ばれています。
大桟橋ウッドデッキ

大桟橋ふ頭ビル横には101年間橋を支えた「螺旋杭」が
置かれていました。
101年間橋を支えた螺旋杭

山下臨港線プロムナードからみた「横浜水上署」裏手、
横浜水上署裏手

スロープを下りると山下公園、コミュニティサイクルの
駐輪場がありました。
社会実験で23ヵ所設置されているようです。
※横浜コミュニティサイクル baybike
コミュニティサイクル

インド水塔、関東大震災のがれきを埋め立て作られた
山下公園、震災後の救援活動に感謝した横浜在住の
インド人団体から1940年建立、寄贈されました。
インド水塔

氷川丸の方向に進むと「赤い靴はいてた女の子」の像が
あります。
赤い靴はいてた女の子の像

大正10年(1921年)横浜港を舞台に作られた童謡、
横浜港を舞台に作られた童謡

来た道を戻り山下臨港線プロムナードからの神奈川県庁、
奥には横浜スタジアムの照明塔がみえます。
神奈川県庁

山下臨港線プロムナード先にみえるMMのビル群、
山下臨港線プロムナード

赤レンガ倉庫の手前は象の鼻パーク、
手前は象の鼻パーク

パークの先端で水彩画を描いている年配の男性と少し
お話をしました。20年も絵を描かれているそうです、
ブログも書かれて6年、私よりずっと先輩です。
※YSのすけっちぶっく20
水彩画を描いている年配の男性

ここにはよく来るそうで少し前に来た時に描かれたものを
撮らせてもらいました。直接石の上に置いて撮ってしまい
大変失礼しました、ハンカチを持っていたので敷いた上に
置けばよかったと後になって反省しています。
少し前に来た時に描かれたもの

パークの北側には『横浜開港150周年記念碑』が
設置されています。
横浜開港150周年記念碑

赤レンガ倉庫には白バイがたくさん集まっています。
行ってみました。
※横浜港発祥の地・象の鼻パーク

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kanaminami.asablo.jp/blog/2012/04/02/6397857/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。