旧令共済申し立て経過2011/02/04 13:26

旧令共済申し立て経過
「旧令共済」知っている人は少ないかと思います。

旧陸海軍等の雇員・傭人等が加入する共済組合
(旧令共済組合)、戦前に存在していた共済組合制度。

何年か前に「消えた年金」で大騒ぎになりましたが
この旧令共済にもたくさんの人が該当していました。

父もその一人でこの制度に加入していました。
この共済は厚生年金の定額部分のみに反映される
ことを知り申し立てをしたのが平成20年(2008年)
6月でした。

21年(2009年)9月に調査中との回答が届きました。

22年(2010年)5月には外務省に照会中との報告が
ありました。
既に申し立てをしてから約2年が経過しています。
※旧令共済組合加入記録について:財務省

年が明け、今年1月になって照会の結果が届き
該当期間が確認されたと連絡がありました。
2年半も掛かりましたがようやく片付きそうなところ
まできました。

時効特例で本人または遺族が全額受けることが
できます。
※社会保険庁:年金時効特例法の施行について

戦前のことですが該当者もたくさんいるようです。
戦後65年も経ち高齢になっているため本人が
申し立てをするのはとても難しい状況にあります。
※社会保険庁:旧令共済組合の特例

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kanaminami.asablo.jp/blog/2011/02/04/5662262/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。