多摩御陵2010/11/13 13:09

多摩御陵
午後から雲もとれ秋の陽が差してきました。

高尾山の駐車場から約4Kmほど、
国道20号線の「多摩御陵入口交差点」を左折、
色ずいてきたケヤキ並木の参道を進みます。

ケヤキ並木の参道

ほどなく「多摩御陵」の駐車場に到着、
1台々の駐車スペースが広くとってありました。

1台々駐車スペースが広くとってあります

「多摩御陵」の入口です。
※多摩御陵

「多摩御陵」の入口

横には祀られている
大正天皇(多摩陵)・貞明皇后(多摩東陵)、
昭和天皇(武蔵野陵)・香淳皇后(武蔵野東陵)
と書かれた案内がありました。

案内

「多摩御陵」の入口を入ったところから広場の
方向です。

入口を入った所から広場の方向

敷き詰められた玉砂利添いには見事な
北山杉の並木があり、陵墓まで続きます。

北山杉の並木が陵墓まで続きます

昭和2年(1927年)に大正天皇御陵として
多摩陵が建立され、
その後貞明皇后の多摩東御陵が
昭和26年(1951年)に建立され、
平成に入り昭和天皇の武蔵野御陵、
その後香淳皇后の武蔵野東御陵が
建立されました。

しばらく行くと多摩御陵と武蔵野御陵の道に
わかれます。

多摩御陵と武蔵野御陵との分れ道

左手を行くと
大正天皇多摩御陵・貞明皇后多摩東御陵に
なります。

大正天皇多摩陵(たまのみささぎ)
大正天皇:大正15年(1926年)12月25日に崩御。

大正天皇多摩陵

貞明皇后多摩東陵(たまのひがしのみささぎ)
貞明皇后:昭和26年(1951年)5月17日に崩御。

貞明皇后多摩東陵

昭和天皇武蔵野御陵・香淳皇后武蔵野東御陵
に向かいます。

昭和天皇武藏野陵(むさしののみささぎ)
昭和天皇:昭和64年(1989年)1月7日に崩御。

昭和天皇武藏野陵
昭和天皇武藏野陵

香淳皇后武藏野東陵(むさしののひがしのみささぎ)
香淳皇后:平成12年(2000年)6月16日に崩御。

香淳皇后武藏野東陵

昭和天皇武蔵野御陵・香淳皇后武蔵野東御陵
から戻る道、左の建物は多摩御陵警備派出所で
警察官が常駐しています。

左の建物は多摩御陵警備派出所

4陵はいずれも葺き石で覆われた「上円下方墳」、
初めて皇室の墓所を訪れました。
※宮内庁

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン