横浜八景島・水族館2010/08/19 13:49

お土産のボート
裸んぼうで家に着きお風呂に入ったあとは
前もって録画しておいたアニメを見て
この日は無事に就寝しました。

16日(月)は朝起きて近くの公園にお散歩、
食事をすませて八景島に出発します。
男の子は電車が好きで金沢八景駅から
皆でシーサイドラインで行くことに、
私は車で八景島の駐車場に向かいました。

車のほうが先に到着したので駅の改札で
待っているとほどなく電車が着き下りて
きました。
シーサイドラインは無人の運行なので
先頭車両に乗り運転手になれたようです。

9時を少し回った時間で島へ渡る橋は大した
人ではないので空いていると思っていたら
水族館まで来るとチケット売り場は長蛇の列、
ネットでクーポン券をプリントすると割引に
なりそちらの窓口が混んでいました。

水族館3施設パス「アクアリゾートパス」を
購入してまず「ドルフィンファンタジー」に
入りました。
大きな水槽を下から見る事が出来ます、
イルカや魚たちが青い水槽の中を涼しそうに
泳いでいるのを子供たちは楽しそうに
見ていました。

「ドルフィンファンタジー」のイルカ

次は少し離れている「ふれあいラグーン」に
行ってみます。
ここは海の生きものたちと直接ふれあうことが
できる施設で2007年7月に誕生した新しい
施設です。

「ふれあいラグーン」ステージ

入場するとちょうどペンギンに触れるイベントが
始まりました、ペンギンと一緒に写真を撮ったり
触ってみたりしていました。

ペンギンに触れるイベント

すぐ横の水槽ではイルカが泳いでいます、
近くに来たら触れるのですが中々そばには
寄ってきませんでした。

イルカが泳いでいます

サカナリーフでは身近な東京湾の砂地、岩礁、
藻場を再現し、実際に海(プール)の中に入り、
そこに暮らす生きものたちと「ふれあう」ことが
できました。

アクアスタジアムは満員

メーンの水族館に戻ると来た時よりはるかに
大勢の人です、12時のショーを見るために
階段を上りアクアスタジアムへ着くと席は
当然空いていませんでした。
観客席の一番高い所の通路が空いているので
そこに座り見ることにしました。

イルカのショー

30分ほどの海の動物たちによるショーですが
小さなペンギンから500kgもあるセイウチまで
個々の特徴や能力を活かしたパフォーマンスを
喜んで見ていました。

白イルカ

ショーが終わりアクアスタジアムから水族館に
入るとここも大勢の人で中々進むことができない
状態で 水槽の魚や動物たちをゆっくり見る事が
できませんでした。

アクアミュージアム

興味のある動物たちを中心に見て回り
アクアチューブのトンネルではエイやサメが
目の前を泳いでいるのを指をさして教えて
くれました。

シロクマ

レストランでお昼をすませた後はお土産屋さんに
ママと3人で向かいました。
私は日傘の忘れ物を捜しに、
子供たちが水族館を出てからカモに餌をあげる
場所がありますがそこに忘れたようで、行って
みると日傘は置いてありました、一件落着です。

子供たちが買ってもらったお土産です、
女の子はピンクのイルカ、男の子はボートです。

ピンクのイルカ

このボートが帰宅してからちょっと問題を
起こすことになります。
横浜・八景島シーパラダイス
シーサイドライン・横浜新都市交通

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kanaminami.asablo.jp/blog/2010/08/19/5295694/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。