8月15日2010/08/15 07:09

セミの抜け殻
今日は終戦記念日、テレビや新聞で特集が
組まれています。
戦後65年経って昭和から平成になり時代が
大分変わってきました。

4年前に亡くなった大正生まれの父も
8月15日が誕生日でした。
昨日は東京から弟夫婦と姪たちがお墓参り
に来てくれました。

消えた高齢者などと各地でお年寄りの
所在不明が相次いでいますが私の身の
周りでは考えられない出来事です。

両親や子供を見るのは当たり前だった事が
いつの頃から変わってきてしまったのか、
家族が頼りだった時代が変わりつつあります。

生まれ変わったら何になるのかとつまらない
ことを思ったりします。
小さな虫たちになることもあるのかと家の
周りでセミや蝶々が孵るのをみています。

アゲハ蝶は孵ったばかりでまだ飛べないのか
じっとしたまま3時間ほど同じ場所にいました。
その後は自由にどこかへ飛んで行きました。

孵ったばかりの黒アゲハ

セミも土に中に10年いて地上に出てきて
からは1週間しか生きられないそうです。
子どものころはそんなことは構わずに
昆虫とりに夢中でした。
今でも虫取り網を持った子供たちが公園で
セミとりをしている光景を見ますがその数は
昔ほどではないようです。

網戸にとまったアブラゼミ

短い夏を一生懸命生きて今朝も明るいうちから
うるさいくらいの鳴き声が聞こえてきます。
亡くなった人が帰ってくるお盆の季節、私達は
心配ないですから孫たちの人生を空の上から
見守ってあげてくださいね。
お盆について お仏壇のはせがわ

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン