大観峰から扇沢へ2010/04/23 11:12

立山ロープウェイ
室堂を後にし立山の下を抜けるトンネル3.7Kmを
約10分、トロリーバスで走ると大観峰につきました。

北アルプス山座案内

ロープウェイの乗車には時間があるので展望台へ
上がると、曇っていますが風もなく後立山連峰の
山並みが目の前に飛び込んできました、
日本三大雪渓の一つ針ノ木岳(2821m)の雪渓も
はっきりと見えます、しばし大観峰の風景を堪能。

日本三大雪渓の一つ針ノ木岳

黒部平ロープウェイ基地も雪に覆われています、
これから乗車し黒部平へ向かいます。

大観峰展望台から

立山東壁の斜度40度の急斜面立つ大観峰、
立山ロープウェイはワンスパン方式で日本一長い
ロープウェイ、間に支柱が一本もないので周りの
景色がよく見えます、降りる途中黒部湖が段々と
近くなって見えてきました。

黒部湖が見えます

黒部平につくとアルペンルートも後半、屋上に
上がると下からも大観峰がよく見えます。

立山東壁の斜度40度の急斜面立つ大観峰

ロープウェイが降りてきますが雪原を見るとスキー
の跡がたくさん残っていました。

雪原を見るとスキーの跡が

ここからは黒部ダムが一望、かなり前、夏場には
何度か来た事がありますがこの時期のダムは一目
見た感じは要塞のようでした。

ダムは要塞のようにみえます

ケーブルカーに乗り黒部湖へ、自然景観保護と
雪害防止のため全線地下を走る、日本で唯一の
ケーブルカー、最大勾配31度、5分の乗車で到着。

黒部ケーブルカー

黒部湖につくと高さ186m(国内一位)の黒部ダムが
見えてきました、堤頂長492mをのんびりと写真を
撮りながら歩いてきました。

黒部ダム

ダムの水は少なくこの時期放水もしていませんが
迫力には圧倒されます。

黒部ダム

ダム建設で犠牲になられた171名の殉職者慰霊碑は
雪がかぶらないように囲いがされていました。

殉職者慰霊碑は保護されていました

扇沢へ行くトロリーバスはアルペンルート最後の
乗り物、乗車時間は約16分、赤沢岳(2678m)の下を
行くトンネル内には途中富山、長野の県境や難工事
の末突破した破砕帯の案内が見えました。
扇沢に到着、先回りしていたバスが待っています、

扇沢に到着、先回りしていたバス

時計は午後5時を回っています、バスは大町に出て
豊科ICから長野道に乗り帰路に向かいました、
途中2度休憩し横浜天理ビルに9時15分無事到着。
黒部ダムオフィシャルサイト
黒部ダムムービー:オフィシャルサイト
立山黒部アルペンルート オフィシャルガイド

ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
↑↑ボタンをプチュとお願いします
アリガト♪(*'-^)-☆パチン