旧伊藤博文金沢別邸2010/03/28 07:12

旧伊藤博文金沢別邸外観
午後から暖かな陽ざしの昨日金沢区野島にある
旧伊藤博文金沢別邸に出かけてきました。

旧伊藤博文金沢別邸は、明治31年に伊藤博文に
より建築され、歴史的価値から平成18年11月1日に
横浜市指定有形文化財に指定されました。
その後、平成20年6月より主屋の復元工事、
平成21年4月より周辺の庭園整備を行い、昨年10月
から一般公開となっています。

旧伊藤博文金沢別邸

炊事場

伊藤博文は、金沢周辺に2つの別邸を建てました、
ひとつは、この野島に建てたもの、もうひとつは夏島
(現在、横須賀市)に建てたものです。
夏島の別邸は金沢の旅館「東屋(あずまや)」とともに
憲法の草案づくりが進められたところとして有名です。

洲崎にある憲法草創記念碑

野島に建築された別邸は、伊藤博文が風光明媚な
金沢の地を好んで建てたといわれ、大正天皇や韓国
皇太子なども訪れました。
また、当時金沢はこの地だけでなく富岡などにも多く
の政治家や文化人の別邸がありました。

伊藤博文夫妻

建物内も自由に見学ができて当時の様子を伺うこと
ができます、海のすぐそばに建てられたこともあり
風呂の煙突など頻繁に修理が必要だったそうです。

金屏風

金屏風解説

客間・右の写真は「満州総司令部出征記念」

客間からの眺め

湯殿

湯殿小話

周りは公園になっていて金沢区の花「ボタン」をはじめ
今は桜も咲き始め四季折々の花を楽しむことができる
など、歴史・文化に触れ合う市民の憩いの場所となって
います。

庭園内の桜

近くに作られた第2駐車場
金沢を愛した伊藤博文・野島別邸
旧伊藤博文金沢別邸 オープン!
発祥の地コレクション/憲法草創之處