鎌倉鶴岡八幡宮・大銀杏2010/03/12 12:55

鎌倉八幡宮境内
八幡宮の大銀杏が倒れて2日目の今日の様子、
穏やかな天気に恵まれて卒業旅行と思われる
学生さんや観光客の団体さんが大勢八幡宮に
訪れていました。

本当に残念です、これから桜が咲き本格的な春
を迎える季節になりますが古都鎌倉八幡宮の
大銀杏がなくなってしまいました。

樹齢1000年ともいわれる御神木が倒れてしまい
八幡宮にのぼる石段の周りは目かくしされ、周り
からは見えないようにされています。

八幡宮石段の周りは目かくし

八幡宮石段の上も規制されていました

クレーン車が見えます、チェーンソウーと思われる
音も聞こえるので枝をはらっているのでしょう、近く
のトラックの荷台にはその枝が積まれています。

枝が払われトラックに積まれています

何もなければ小さな子供たちが八幡宮のもう一つ
の象徴であるハトと遊ぶ姿がみられ微笑ましいの
ですが今はその光景よりも大銀杏の倒木を心配
する人が圧倒的に多いようです。

心配する人達が遠巻きに見守っています

心配する人達が遠巻きに見守っています、口々に
惜しむ声が聞こえてきました、1ヵ月前には節分で
豆まきを見ていた大銀杏でしたが・・・(・_・、)グスン
本当に残念です、誰か弱っている事に気ずいて
あげて支えや手当をしてあげていれば、と思うと
かわいそうでなりません。
1000年も生きてきたのに・・・

今年の節分祭・大銀杏は見ていました
鶴岡八幡宮樹齢1000年の大銀杏が倒壊
鶴岡八幡宮