安芸の宮島、尾道、倉敷、姫路城の旅Ⅱ2009/12/09 15:04

尾道の風景
宮島観光を終えて再び山陽道に乗り尾道へ、
尾道ICでおり目的地千光寺へと向かいました。

宮島からは約110Km、千光寺は真言宗のお寺で
中国観音霊場第十番札所になっています。

千光寺・三十三観音堂

鏡岩

「文学のこみち」

寺の近くには展望台もあり坂の多いと言われる
街並みを一望できます、「文学のこみち」は千光寺
山頂からつづく、尾道ゆかりの作家・詩人の名作が
自然石に刻まれています。

自然石に刻まれた25の文学碑

その数は25もあり文学碑がつづる静かな散歩道と
なっています。

尾道⇔常石間のフェリー「びんご」

丁度ロープウェイは工事のため運休となっていて
駐車場から少し下って千光寺へと上りました。
下から上がっていくルートになり石段が結構あって
年配者には少しきつい様でした。

志賀直哉「暗夜行路」

正岡子規、西国寺の二つの塔を詠んだ句

林芙美子「放浪記」

林芙美子「放浪記」の一文が刻まれた場所からは
文の通りの光景が眼下に広がっていました。

向島の造船所

時代が変わり瀬戸内の島に橋が掛かり「しまなみ
海道」となって愛媛県今治市まで繋がっています。

瀬戸内しまなみ海道

明日に続く(尾道から倉敷へ)
千光寺のご案内
広島県尾道市の観光情報
尾道市 文学のこみち
SHIMAP しまなみ海道観光マップ